--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.06.1217:00

【実戦】移動狩りに慣れろ!

最近移動狩りが時間短縮のためか非常に多くなってきていますね。
君主の諸君にも縁がない話ではないかと思います。

あっち行ってタウント!レシーブレシーブ集めて殴らせて
今度はそっちへ行ってタウント!レシーブレシーブ、あっち…行く前に止まってバフ貰わなきゃ。
と色々なことに頭を使って忙しいんですよね。

ということで今回は移動狩りの心得とコツについて

① 急ぐべきところ・そうでないところを理解する
② ペースメーカーになる
③ タウントを上手く使う
④ 同じ動きを心掛ける
⑤ バフやCPを呼びかける


こんな所かな。では一つ一つ解説していきましょう。


① 急ぐべきところ・そうでないところを理解する

昏き揺らぎの地の『グレ骨』やミスカトニック大学分校の『コボブッチャ』
思い浮かべてみてください。

『グレ骨』
骸骨に時間がかかっているとグレーターが襲ってきてしまう
骸骨を倒してる間にグレーターがどこか遠くへ行ってしまい追いかけるロスが出来る

『コボブッチャ』
コボルドに時間がかかっているとブッチャーが徘徊してきてコボルドの狩場にきてしまう

勘違いしている人が多いかもしれませんが、
急ぐべき方は実は強敵ではなく弱い方なんですね。
こちらに手間取ると強敵に時間をかけれない、準備をして迎え撃てない、というわけなんです。

どちらに時間をかけたい、どちらに時間を使いたくないかをまず見抜きましょう。


② ペースメーカーになる

極力は自分が先陣に立ってパーティを牽引してください。
釣りも複数人必要でない限りは極力自分が釣りに行くよう心掛けてください。

君主が基本的には一番PTで耐久力があるので
危険な中に一番に突っ込む上でもっとも適しているから
そしてその君主が動くのをみんな待つ傾向にあるからです。
右へ倣えの日本人らしい傾向です。

そして他人に釣って貰う場合、熟練していなければ
MOBの動きを読むのに苦労するからです。
そうしてアタフタしているとタウントを外すことに繋がってしまいます。
自分にタゲが集まっている方がタウントも当てやすいのは明白ですから。


③ タウントを上手く使う

移動狩りにおいてタウントでは
『外さないこと』『CTをコントロールすること』を心掛けてください

『外さないこと』
敵は何匹いるか、画面内に全部の敵がいるか これを素早く確認した上で
素早く、的確にタウントを当てることが大事です。

『CTをコントロールすること』
例えばセンチネルグレーターデーモンを40秒で倒せるPTだとします。
1度使えば28秒後ほどでもう一度タウントが使える訳ですが
ココで使ってしまうとグレーターデーモンが倒れて18秒間CTが残ってしまいますよね?

これでは次の骸骨にCTが間に合いません。

そういう場合は出来るだけレシーブでやり繰りしてタウントを温存
次にすぐ使えるよう準備できるのが理想です。

とは言えやむを得ずタゲが散ってしまうくらいならば使った方がマシです。
そういう場合はタウントがCTであることをすぐに伝えましょう。
デコイなどのヘルプをして貰えるかもしれません。



④ 同じ動きを心掛ける

前回の内容』にあったことですね。
同じ行動を心掛けるとパーティーメンバーもお互い動きが読みやすくなるので
戦闘が迅速になります。
ロスが減るので無駄なMP消費なども避けることに繋がります。


⑤ バフやCPを呼びかける

プリのバフは生命線とも言うべく大事な要素です。
君主がバフ更新のタイミングで突っ走ってしまうと
バフ更新が遅れて事故の原因になります。
これは②のペースメーカーでなくタダの暴走ですので気をつけましょう。

逆にCPは君主にとってMPが必要でない時は待たなくても大丈夫です。
むしろCPでパーティの足は止まりますから
危険な敵が徘徊してくるようであれば(『コボブッチャ』でいうブッチャーのような)
急いで足止めに行きましょう。




という感じです。何か参考になりましたでしょうか?
移動狩りで必要なのは

全体の流れの把握(①・②)、正確に動くこと(③)、次を意識した行動をすること(④・⑤)
だと思います。

皆さん楽しい移動狩りライフを♪
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。