--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.06.1216:00

【実戦】常に一定の動きを心がける

ココまでヘイトに関して、有利な位置取りなどに関して話してきましたが

もう一つ当ブログ読者にやって欲しいことがあるんですね。
これは君主を始めたばかりの方であろうとやって欲しいことです。
それは

「常に一定の動きを心がける」

ことなんです。
どういうことかというと
およその狩りは全て
・戦闘が始まるあたりに罠を設置する
・前衛は戦闘があるであろうあたりで身構える
・後衛は詠唱待機して戦闘がある辺りを範囲魔法で狙う
・PTメンバーが立つであろうあたりでDAを詠唱待機している

ある程度予測で「こうなるであろう」戦いをしてるわけなんですね。
つまりそこに君主があっちこっち適当な場所で気分によって戦うと
アドリブの力を要求され、慣れてない方はアタフタしてしまうかもしれません。
シーフもどこに罠置いたらいいのか分からなくなりますよね?

下手すれば範囲魔法を外すかも?近接が迅速に攻撃に移れないかも?
DAが外れるかも?罠が当たらないかも?

これではPTの力を引き出すというのは非常に難しいです。

一定の行動

・どこで戦うよ(シーフが分かり難いと思うので口頭で言ってあげた方がいいかな)
・毎回このタイミングでタウントするよ(これは動きで示せばOK)

野良でこういうのはちょっと、と思われるかもしれませんが逆です。
野良だからこそ烏合の衆になりやすいんですね。
だからこそ少しでも君主が規律を作ってあげると断然動きが変わってくると思うんです。

特に移動狩りの様な迅速に戦う必要がある狩場においてはコレが非常に大事になってきます。

これもいわゆる君主が火力の実力を「引き出す」要因ですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。